Tag Archives: ジェンティルドンナ

ニュース・情報

天皇賞(秋)はジャスタウェイ。ただ一頭突き抜ける4馬身差圧勝

天皇賞(秋)

1着 ジャスタウェイ
2着 ジェンティルドンナ
3着 エイシンフラッシュ

台風の影響が心配された天皇賞(秋)でしたが雨は前日まで。当日は馬場も乾き良馬場での開催となりました。
レースは2番人気のトウケイヘイローが速い流れで引っ張り、1番人気ジェンティルドンナも積極的に2番手を追走。
直線を向いてさすがに苦しくなってきたところでジャスタウェイの末脚が爆発し、2着ジェンティルドンナに4馬身の差をつける圧勝となりました。

勝ったジャスタウェイは中団のやや後ろの追走から、直線では一頭だけ脚色が全く違いました。
ハイペースになった事もあって全ての馬が苦しむ中での上がり34.6は、上がり2位のエイシンフラッシュが35.5という数字だけで見ても完全に抜けていましたね。
昨年3歳時の天皇賞(秋)で0.5差の6着にも入っている実力馬ですが、今年の春はなかなか結果を出せずにいて、エプソムCでやっと自分の走りはできましたが、展開の影響もありクラレントの2着。その後の関屋記念でも前のレッドスパーダを捕まえられず、どちらも抜けた上がり最速を出しながら惜しい競馬になってしまっていました。
前走毎日王冠ではエイシンフラッシュに敗れましたが、あれはエイシンフラッシュの方が最高の形だったという事だったのでしょう。
今回は先行したジェンティルドンナが2着まで粘っている事から、他の差し馬がふがいなかったと見る事もできますが、この4馬身差の勝利は見事という他ないですね。

2着のジェンティルドンナはトウケイヘイローを追いかけすぎました。
思ったよりも前へつけてしまって、そのまま流れに乗ってしまった形で、ジェンティルドンナの能力を信じればこその強気の騎乗だったとも言えますが、結果的には終いが厳しくなってしまいました。
それでもジャスタウェイには離されたとはいえ、2着はしっかりと確保。1番人気の力は十分に見せたと言ってもいいでしょう。
今年はなかなか勝ち切れていませんが、JCで復活なるかどうかというところですね。

3着のエイシンフラッシュは内を突いて、直線進路を確保するのに苦労してしまいました。
外へ出せた時にはもうジャスタウェイが突き抜けていましたので、ちょっとどうしようもなかったですね。
ただジェンティルドンナも捕まえられていませんので、仮に前が開いていたとしてもジャスタウェイと勝負になったかというとやはり厳しく、今回はジャスタウェイには完敗ですね。
まだまだ十分やれる馬ではありますが、種牡馬としても期待が集まる馬です。今年で引退という可能性が高いですが、この後のJC、有馬、どちらかしか使わないかもしれませんがいい競馬を期待したいですね。

2番人気で逃げたトウケイヘイローは10着。さすがにペースが厳しかったですね。
ハッキリしたのはこの相手を力ずくで叩き潰せるような強さはなかったという事だけだと思うんで、今後も改めて期待したい馬です。
引っ張るタイプの強い逃げ馬がいるとレースも面白いですし、そういう面でも今後を期待したいですね。

ニュース・情報

ウオッカ、ブエナに続けるか。ジェンティルドンナの天皇賞(秋)

いよいよ今週日曜日に迫った天皇賞(秋)。1番人気が予想されるジェンティルドンナは宝塚記念以来の出走となり、今度JCも控えていますのでどこまで仕上がっているかというところが一つ注目点となります。
最も心配なのは台風の影響なんですが、こればかりは予想できないので現時点では重馬場も想定しておくくらいですね。

まずは過去10年で宝塚記念から天皇賞(秋)に直行し、5番人気または5着以内だった馬の成績をまとめてみます。

宝塚記念から天皇賞(秋)へ直行した馬
馬名 宝塚記念 天皇賞(秋)
13 ジェンティルドンナ 1人気3着
12 ルーラーシップ 2人気2着 2人気3着
11 ブエナビスタ 1人気2着 1人気4着
11 トゥザグローリー 4人気13着 10人気5着
11 エイシンフラッシュ 3人気3着 3人気6着
10 ブエナビスタ 1人気2着 1人気1着
10 ジャガーメイル 2人気8着 5人気18着
(15位入線降着)
09 スクリーンヒーロー 6人気5着 7人気2着
07 メイショウサムソン 2人気2着 1人気1着
07 アドマイヤムーン 3人気1着 2人気6着
05 ハーツクライ 3人気2着 2人気6着
04 ツルマルボーイ 4人気6着 3人気4着
04 シルクフェイマス 6人気2着 5人気10着
04 リンカーン 3人気3着 4人気12着
03 シンボリクリスエス 1人気5着 1人気1着
03 ツルマルボーイ 8人気2着 5人気2着

勝っているのは10年のブエナビスタ、07年のメイショウサムソン、03年のシンボリクリスエスとなり、天皇賞(秋)の前の時点でG1を3勝以上というレベルの高い顔ぶれとなりました。
ジェンティルドンナも牝馬三冠とJCを勝っていますので、実績的にはこれらの馬と比較しても互角以上と言えます。

このローテーションで天皇賞(秋)で1番人気になっているのもこの3頭だけなのですが、ブエナビスタが2回あって11年には4着と敗れています。
4歳時に勝っていて、5歳時に負けていると見れば、今回のジェンティルドンナにとっては良いデータですね。
メイショウサムソン、シンボリクリスエスも勝ったのは4歳で、宝塚記念は負けているところも共通しています。

宝塚記念以来でも1番人気に推されるだけの実績と相手関係の4歳馬ならば大丈夫という事になりますね。

続いてはもう珍しくもなくなっていますが、天皇賞(秋)での牝馬の成績を見てみます。
こちらも5番人気または5着以内とします。

天皇賞(秋)に挑戦した牝馬
馬名 性齢 前走 天皇賞(秋)
13 ジェンティルドンナ 牝4 宝塚記念
1人気3着
11 ブエナビスタ 牝5 宝塚記念
1人気2着
1人気4着
10 ブエナビスタ 牝4 宝塚記念
1人気2着
1人気1着
10 オウケンサクラ 牝3 秋華賞
8人気11着
17人気4着
09 ウオッカ 牝5 毎日王冠
1人気2着
1人気3着
08 ウオッカ 牝4 毎日王冠
1人気2着
1人気1着
08 ダイワスカーレット 牝4 産経大阪杯
1人気1着
2人気2着
06 スイープトウショウ 牝5 京都大賞典
2人気1着
1人気5着
06 ダンスインザムード 牝5 毎日王冠
2人気2着
5人気6着
05 ヘヴンリーロマンス 牝5 札幌記念
9人気1着
14人気1着
05 ダンスインザムード 牝4 府中牝馬S
2人気8着
13人気3着
05 スイープトウショウ 牝4 毎日王冠
2人気6着
4人気5着
04 ダンスインザムード 牝3 秋華賞
1人気4着
13人気2着
04 アドマイヤグルーヴ 牝4 京都大賞典
2人気4着
9人気3着

ブエナビスタ、ウオッカ、スイープトウショウ、ダンスインザムードなど複数回出走し好成績を挙げている馬がいる事もあり、全体的には好成績となっています。
エリザベス女王杯やマイルCSといった選択肢もある中で天皇賞(秋)を選んでくる馬はやはりそれなりにやれる馬という事になります。
人気薄で勝ったヘヴンリーロマンスもいますが、ジェンティルドンナは立場的にはブエナビスタやウオッカと同等の評価となりますし、天皇賞(秋)制覇の可能性は十分というデータですね。

前述した宝塚記念以来での勝ち馬、牝馬での勝ち馬には名馬が勢ぞろいといった様相になってますので、ジェンティルドンナもここを勝って、3歳時の勢いだけではなく、歴代の名馬に肩を並べる事ができるかという観点でも楽しめるレースになりそうですね。

ニュース・情報

ジェンティルドンナは凱旋門賞回避。秋は秋天→JCへ

宝塚記念3着のジェンティルドンナは凱旋門賞を回避。今秋は国内に専念し、天皇賞(秋)からJCというローテーションを予定しているようです。

宝塚記念が力のいる馬場になって、それであの結果では凱旋門賞が行われるロンシャンの馬場は合わなそうですし、やはりこの馬はキレを生かせる国内、特に東京コースの天皇賞(秋)、JCは昨年のJCも勝っていますし、この馬にとってもベストな舞台でしょう。

毎年好メンバーが集まる天皇賞(秋)ですが、今年もゴールドシップ、フェノーメノ、エイシンフラッシュ、ショウナンマイティなども順調なら出てくるはずです。ジェンティルドンナの参戦で更に盛り上がりそうですね。

昨年は牝馬3冠制覇に続いて、ジャパンCでも牡馬3冠王者オルフェーヴルを下し、陣営から凱旋門賞を意識する言葉が出た。しかし、今年は初戦のドバイシーマクラシックで2着に敗れ、続く宝塚記念でもゴールドシップの3着に完敗。この結果を受けて、石坂調教師は「オーナーサイドと相談して凱旋門賞は使わないことになりました。宝塚記念を勝てませんでしたから」と説明した。

 秋は天皇賞(10月27日、東京、GI、芝2000メートル)から、史上初の連覇がかかるジャパンC(11月24日、東京、GI、芝2400メートル)に進む。その後は有馬記念(12月22日、中山、GI、芝2500メートル)の出否を含めて未定だ。
http://race.sanspo.com/keiba/news/20130709/ope13070905040000-n1.html