Tag Archives: エイシンフラッシュ

ニュース・情報

天皇賞(秋)はジャスタウェイ。ただ一頭突き抜ける4馬身差圧勝

天皇賞(秋)

1着 ジャスタウェイ
2着 ジェンティルドンナ
3着 エイシンフラッシュ

台風の影響が心配された天皇賞(秋)でしたが雨は前日まで。当日は馬場も乾き良馬場での開催となりました。
レースは2番人気のトウケイヘイローが速い流れで引っ張り、1番人気ジェンティルドンナも積極的に2番手を追走。
直線を向いてさすがに苦しくなってきたところでジャスタウェイの末脚が爆発し、2着ジェンティルドンナに4馬身の差をつける圧勝となりました。

勝ったジャスタウェイは中団のやや後ろの追走から、直線では一頭だけ脚色が全く違いました。
ハイペースになった事もあって全ての馬が苦しむ中での上がり34.6は、上がり2位のエイシンフラッシュが35.5という数字だけで見ても完全に抜けていましたね。
昨年3歳時の天皇賞(秋)で0.5差の6着にも入っている実力馬ですが、今年の春はなかなか結果を出せずにいて、エプソムCでやっと自分の走りはできましたが、展開の影響もありクラレントの2着。その後の関屋記念でも前のレッドスパーダを捕まえられず、どちらも抜けた上がり最速を出しながら惜しい競馬になってしまっていました。
前走毎日王冠ではエイシンフラッシュに敗れましたが、あれはエイシンフラッシュの方が最高の形だったという事だったのでしょう。
今回は先行したジェンティルドンナが2着まで粘っている事から、他の差し馬がふがいなかったと見る事もできますが、この4馬身差の勝利は見事という他ないですね。

2着のジェンティルドンナはトウケイヘイローを追いかけすぎました。
思ったよりも前へつけてしまって、そのまま流れに乗ってしまった形で、ジェンティルドンナの能力を信じればこその強気の騎乗だったとも言えますが、結果的には終いが厳しくなってしまいました。
それでもジャスタウェイには離されたとはいえ、2着はしっかりと確保。1番人気の力は十分に見せたと言ってもいいでしょう。
今年はなかなか勝ち切れていませんが、JCで復活なるかどうかというところですね。

3着のエイシンフラッシュは内を突いて、直線進路を確保するのに苦労してしまいました。
外へ出せた時にはもうジャスタウェイが突き抜けていましたので、ちょっとどうしようもなかったですね。
ただジェンティルドンナも捕まえられていませんので、仮に前が開いていたとしてもジャスタウェイと勝負になったかというとやはり厳しく、今回はジャスタウェイには完敗ですね。
まだまだ十分やれる馬ではありますが、種牡馬としても期待が集まる馬です。今年で引退という可能性が高いですが、この後のJC、有馬、どちらかしか使わないかもしれませんがいい競馬を期待したいですね。

2番人気で逃げたトウケイヘイローは10着。さすがにペースが厳しかったですね。
ハッキリしたのはこの相手を力ずくで叩き潰せるような強さはなかったという事だけだと思うんで、今後も改めて期待したい馬です。
引っ張るタイプの強い逃げ馬がいるとレースも面白いですし、そういう面でも今後を期待したいですね。

参考・関連レース

毎日王冠はエイシンフラッシュ。展開利あるもまだまだ侮れず

毎日王冠

1着 エイシンフラッシュ
2着 ジャスタウェイ
3着 クラレント

有力馬が揃い、ショウナンマイティが少し抜けた人気になってはいましたが、単勝オッズ10倍以下が7頭というレース。
逃げ馬不在で中盤のラップがかなり緩み、直線での瞬発力勝負となり、こういう展開は得意で位置取りも良かったエイシンフラッシュが昨年天皇賞(秋)以来の勝利となりました。

勝ったエイシンフラッシュはダービー制覇時が特に印象に残りますが、こういう中盤で緩むラップは得意ですね。先行集団の直後の内という位置取りも完璧でした。
4月の香港以来という事や、斤量もこの馬だけ58kg、目標はこの先、という事で4番人気の評価でしたがやはり力はありますね。
天皇賞(秋)の連覇に向けて非常にいいスタートを切れたと言っても良いのではないでしょうか。

天皇賞(秋)では恐らくトウケイヘイローが引っ張る形で、毎日王冠とは質の違うレースになるとは思いますが、スローの上がり勝負しか出来ない馬ではないので本番でも十分に主力の一頭と考えて良さそうです。

2着のジャスタウェイは今回はスタートも決め、中団からという形で結果的にも乗り方は良かったですね。
エイシンフラッシュが良すぎたので勝てなかったのは仕方ない面もあるんですが、あちらは58kg背負ってますし、まだ一線級とは差があるかなという感じですね。
今後天皇賞(秋)やマイルCSは賞金が微妙なところで、どう使ってくるかは分かりませんが、今秋のG1というよりも冬場を休んで来年の安田記念に余裕を持って挑める賞金を確保しておいてほしい気もします。

3着クラレントは悪くはありませんでしたが目標にされた分の負けですかね。
東京1800でこのメンバーだとペースを落としても逃げ切りは難しいです。
今後は天皇賞(秋)かマイルCSになると思いますが、この結果だとやはりマイルCSになるんでしょうか?

1番人気ながら6着のショウナンマイティは位置取りから今回はちょっと難しいレースでした。
目標は天皇賞(秋)ですから、ここで勝つために乗り方を変える必要もないと思いますし、負けた事自体は大きな問題ではないと思うのですが、最後に一旦交わしたダークシャドウに差されている事と、-18kgの馬体重は少し気になりますね。
天皇賞(秋)まで中2週とそれほど期間はないですし、中間の調教や出来には注意しておいた方がいいかもしれません。