Monthly Archives: 7月 2013

ニュース・情報

ジェンティルドンナは凱旋門賞回避。秋は秋天→JCへ

宝塚記念3着のジェンティルドンナは凱旋門賞を回避。今秋は国内に専念し、天皇賞(秋)からJCというローテーションを予定しているようです。

宝塚記念が力のいる馬場になって、それであの結果では凱旋門賞が行われるロンシャンの馬場は合わなそうですし、やはりこの馬はキレを生かせる国内、特に東京コースの天皇賞(秋)、JCは昨年のJCも勝っていますし、この馬にとってもベストな舞台でしょう。

毎年好メンバーが集まる天皇賞(秋)ですが、今年もゴールドシップ、フェノーメノ、エイシンフラッシュ、ショウナンマイティなども順調なら出てくるはずです。ジェンティルドンナの参戦で更に盛り上がりそうですね。

昨年は牝馬3冠制覇に続いて、ジャパンCでも牡馬3冠王者オルフェーヴルを下し、陣営から凱旋門賞を意識する言葉が出た。しかし、今年は初戦のドバイシーマクラシックで2着に敗れ、続く宝塚記念でもゴールドシップの3着に完敗。この結果を受けて、石坂調教師は「オーナーサイドと相談して凱旋門賞は使わないことになりました。宝塚記念を勝てませんでしたから」と説明した。

 秋は天皇賞(10月27日、東京、GI、芝2000メートル)から、史上初の連覇がかかるジャパンC(11月24日、東京、GI、芝2400メートル)に進む。その後は有馬記念(12月22日、中山、GI、芝2500メートル)の出否を含めて未定だ。
http://race.sanspo.com/keiba/news/20130709/ope13070905040000-n1.html