天皇賞(秋)はジャスタウェイ。ただ一頭突き抜ける4馬身差圧勝


天皇賞(秋)

1着 ジャスタウェイ
2着 ジェンティルドンナ
3着 エイシンフラッシュ

台風の影響が心配された天皇賞(秋)でしたが雨は前日まで。当日は馬場も乾き良馬場での開催となりました。
レースは2番人気のトウケイヘイローが速い流れで引っ張り、1番人気ジェンティルドンナも積極的に2番手を追走。
直線を向いてさすがに苦しくなってきたところでジャスタウェイの末脚が爆発し、2着ジェンティルドンナに4馬身の差をつける圧勝となりました。

勝ったジャスタウェイは中団のやや後ろの追走から、直線では一頭だけ脚色が全く違いました。
ハイペースになった事もあって全ての馬が苦しむ中での上がり34.6は、上がり2位のエイシンフラッシュが35.5という数字だけで見ても完全に抜けていましたね。
昨年3歳時の天皇賞(秋)で0.5差の6着にも入っている実力馬ですが、今年の春はなかなか結果を出せずにいて、エプソムCでやっと自分の走りはできましたが、展開の影響もありクラレントの2着。その後の関屋記念でも前のレッドスパーダを捕まえられず、どちらも抜けた上がり最速を出しながら惜しい競馬になってしまっていました。
前走毎日王冠ではエイシンフラッシュに敗れましたが、あれはエイシンフラッシュの方が最高の形だったという事だったのでしょう。
今回は先行したジェンティルドンナが2着まで粘っている事から、他の差し馬がふがいなかったと見る事もできますが、この4馬身差の勝利は見事という他ないですね。

2着のジェンティルドンナはトウケイヘイローを追いかけすぎました。
思ったよりも前へつけてしまって、そのまま流れに乗ってしまった形で、ジェンティルドンナの能力を信じればこその強気の騎乗だったとも言えますが、結果的には終いが厳しくなってしまいました。
それでもジャスタウェイには離されたとはいえ、2着はしっかりと確保。1番人気の力は十分に見せたと言ってもいいでしょう。
今年はなかなか勝ち切れていませんが、JCで復活なるかどうかというところですね。

3着のエイシンフラッシュは内を突いて、直線進路を確保するのに苦労してしまいました。
外へ出せた時にはもうジャスタウェイが突き抜けていましたので、ちょっとどうしようもなかったですね。
ただジェンティルドンナも捕まえられていませんので、仮に前が開いていたとしてもジャスタウェイと勝負になったかというとやはり厳しく、今回はジャスタウェイには完敗ですね。
まだまだ十分やれる馬ではありますが、種牡馬としても期待が集まる馬です。今年で引退という可能性が高いですが、この後のJC、有馬、どちらかしか使わないかもしれませんがいい競馬を期待したいですね。

2番人気で逃げたトウケイヘイローは10着。さすがにペースが厳しかったですね。
ハッキリしたのはこの相手を力ずくで叩き潰せるような強さはなかったという事だけだと思うんで、今後も改めて期待したい馬です。
引っ張るタイプの強い逃げ馬がいるとレースも面白いですし、そういう面でも今後を期待したいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です