ロゴタイプ疲れが抜けず天皇賞(秋)は回避。年内休養も


札幌記念5着で毎日王冠から天皇賞(秋)を目指していたロゴタイプは札幌記念を使った後疲れが抜けず、一旦放牧という事になったようです。

札幌記念はかなり荒れてきた函館に雨が重なり、馬場状態は最悪といっていい状態で、消耗やダメージは心配でしたが、ハッキリとした形で出てきてしまいました。
ただ程度としては軽い疲れのようなので、きっちりと立て直しての復帰に期待したいですね。
年内は微妙という事なので、父ローエングリンも2度勝っている中山記念あたりでの復帰になるのでしょうか。

天皇賞(秋)へ向けて最も楽しみな一頭だっただけに残念ですが、悪い状態のまま出てくるよりは良かったという事ですね。

また、こうなると函館終盤で使っていた他の馬の疲労も気になるところですね。
こればかりは各馬それぞれとしか言えないのですが、札幌記念同日に500万を圧勝したネコタイショウが次走中2週で同じ函館2000の1000万で1番人気に支持されながら10着というのはあり、これもやはり疲れがあったというコメントが出ています。

天皇賞(秋)で気になるのは札幌記念を勝っているトウケイヘイローですが、間隔は十分とっていますので、中間の動向に注目ですね。

毎日王冠(G2、芝1800メートル、10月6日=東京)に向けて調整されていた皐月賞馬ロゴタイプ(牡3、田中剛)が19日、疲労のため宮城県の山元トレセンに放牧に出された。

 最大目標だった天皇賞・秋(G1、芝2000メートル、10月27日=東京)への出走も見送られ、今後の予定は全て白紙となった。管理する田中剛師は「札幌記念がひどい道悪だったからね。左の背中からトモにかけて疲れがある。使ったら使えないこともないが、中途半端な状態で使える馬ではない。今後は白紙だが、日数を考えると、年内は使えないかもしれない」と話した。
http://www.nikkansports.com/race/news/f-rc-tp0-20130919-1191896.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です